メインイメージ画像

おすすめの保険の内容は?

簡単に医療保険と申しても、掛け捨ての医療保険、貯蓄型医療保険、があると言えます。普通、掛け捨てタイプの医療保険の方が保険料は低めです。単に保険の役割のみを希望するだけなら自分は、掛け捨てをおすすめします。医療保険を保険期限で見ると、終身型と仲間分けされます。定期のものに定期タイプは、期限ごとに再考が必須なもので、終身方式は医療保険が、一生涯続くものです。

一得一失はどちらの医療保険にもありますが、最低限の保障を終身のもので確保し、変化に対応して、定期式で補うやり方がおすすめです。また、入院保障はどちらの医療保険も重要と言えます。最低でも90日以上の保障を約束している医療保険がお勧めです。

掛け捨てタイプの医療保険以外に積立型の貯蓄性のある医療保険もあるのです。積立型の医療保険は3つの種類に分けられます。

1商品目は、契約期間終了でまとまった支払金があるもの、次に、加入中定期期間ごとに生存払い戻し金が給付されるもの、3つ目は、契約中、ある期間存命なら、払い込んだお金と同額ぐらいの給付金がある形式のものです。いずれの方式の掛け捨て型の医療保険に比べると、積立医療保険は支払額が高めになります。例を見ると、ある会社の保険商品では、掛け捨ての先進医療保障を付けた医療保険と、同じ年齢や保障内容で終身タイプの先進医療をつけない医療保険を比べても掛け捨てタイプのほうが安くなります。

更新情報